2019 冬のパリ ‐ルーヴル美術館 編‐

連日、展示会に足を運びつつ

無理くり時間を作って美術館巡りも貪欲に!

 

 

4つ以上美術館や観光施設を巡るのなら、

パリ・ミュージアム・パスがお得とのことで

わたしたちは4Day(2019年現在 66€ 約8,000/1人)を購入し、使い倒しました。

 

ルーヴルやオルセー美術館はもちろん、

ヴェルサイユ宮殿凱旋門ノートルダム寺院の塔(現在は修復中) など

メジャーなスポットはほぼ対象&チケットを都度購入する手間も省けます。

 

日本での購入も可能なようですが、現地では空港・キヨスク・対象の観光スポット

等、様々な場所で取り扱っているのでレート的にも現地購入をお勧めします。

 

さて、

まず最初に足を踏み入れたのは

ルーヴル美術館

 

f:id:yugetokemuri:20200203143045j:plain

 

心に留まった作品を。。。

 

 

 

1830年 ウジェーヌ・ドラクロワ / 民衆を導く自由の女神 

これを見てDragon Ashを思い出す方はきっと同世代。

f:id:yugetokemuri:20200203143132j:plain

革命のファンファーレが聞こえてくるような迫力です。

 

 

 

 

厳重にガラス張りにされていた

1503‐1519年 レオナルド・ダ・ヴィンチ / モナ・リザ

f:id:yugetokemuri:20200203144022j:plain

今までレプリカばかり目にしてきた為、現物だという実感がなかなか湧きません。

意外にも小さいサイズ感。

 

 

 

 展示品もさることながら、

美術館そのものの美しさよ・・・

f:id:yugetokemuri:20200203145058j:plain

ふと天井を仰いでも、華やかさ・緻密さ・重厚感 が、

随所に散りばめられています。

 

 

 

 

 

ここからは宗教画で気になった面々。

 

 1494年 アンブロジオ・ボルゴニョーネ / 寺院でのプレゼンテーション

f:id:yugetokemuri:20200203154039j:plain

 青白い・・どころか、灰色の肌。

この世のものでは無い不気味さと、どこか神妙な雰囲気、

そんな中、平然と頭に斧がささった聖人と、子供の誕生、というコントラストに

心を掴まれました。

 

この聖人は、イタリア・ヴェローナの聖ペテロ

13世紀にミラノでの布教中、暗殺され、

その時の凶器が、あの斧だそうです。

 

殉職した時、そのままの姿

凶器さえ彼の持ち物になってしまったのでしょう。

f:id:yugetokemuri:20200203155455j:plain

意味を知ると、なんとも言えない心境になります。

 

 

こちらはちょっと面白い、未来予知を感じる作品。

1437‐1444年 ステファノ・ディ・ジョヴァンニ / 

le Bienheureux Ranieri Rasini délivre les pauvres de la prison de Florence

f:id:yugetokemuri:20200203161810j:plain

寄りで見てみましょう。

f:id:yugetokemuri:20200203161854j:plain

飛ぶ人

すり抜ける人

逃げ出す人々 。

 

お話としては、フィレンツェの牢獄から貧しい人々を聖人が救済しているシーンだそうです。手前の座り込んでいる人物が「おぉ、、神よ。。」と言っているようにも見えます。

 飛ぶ人の足の部分、どことなくロケットな感じ、1400年代に描かれたものと思えない

未来を予知するかのような想像力です。

 

 

お次は彫刻作品

 

紀元前130‐100年頃 アンティオキアのアレクサンドロス / ミロのヴィーナス

f:id:yugetokemuri:20200203165153j:plain

 

後はこうなっているんですね~

 

f:id:yugetokemuri:20200203165216j:plain

 後ろ側や側面から眺めると、また新鮮です。

 

 

 鵞鳥を抱く子供

f:id:yugetokemuri:20200203165242j:plain

 すっごい、「グワァっっ!」ってなってます

友達なの?獲物なの?

 

 

 

 

 

こちらの

ベッドに横たわる貴婦人

 紀元前300‐100年頃 眠るヘルマフロディトス 

 

f:id:yugetokemuri:20200203165423j:plain

 

柔らかそうな肌となめらかに表現された布

腰回り~ヒップにかけてのラインがとても美しくて見とれていました。

 

 

反対側に回り込んだところ新たな発見が・・・f:id:yugetokemuri:20200203165443j:plain

 

お分かりいただけたでしょうか。

両方あります。

現代チックですよね、新鮮な美しさ。

気になって作品の詳細を調べると、少々悲しい神話に纏わるものでした。

 

 

 

 

装身具の展示品も豪華で立派なものばかり。

ルイ15世の王冠

f:id:yugetokemuri:20200204222648j:plain

王冠の宝石部分は全てガラスに取り替えられ展示されているとのこと。

ガラスだったとしても、綺麗~

 

 

 

アングレーム侯爵夫人のティアラ

ダイヤモンドとエメラルドです。

f:id:yugetokemuri:20200204225210j:plain

 

 

キラキラ・ゴロゴロの宝石 (の、ようなもの) が大好きだった幼少期

カバヤ食玩 セボンスターをせっせと集めていたものです。

 

本物を目の前に、食玩を思い出す位

童心に戻って観賞。

 

 

大人になっても相変わらず、きらきらとした装飾品は大好きなもの。

この旅の道中、ドイツにて出会ったジュエリーもそのひとつ。

キャンディーのようなごろごろきらきら・・・

f:id:yugetokemuri:20200204230213j:plain

ドイツジュエリー

https://www.yugekemu.com/?mode=cate&cbid=2511397&csid=0

 

 

 

 

 

 

 

 

パリ編、マッタリとつづく・・・

 

 

 

 

2019 冬のパリ ‐部屋ごはん編‐

今回AirBNBでキッチンつきのアパートメントを借りたので

展示会や美術館めぐりで疲れ果てた日は

近くのマーケットで調達した食材で簡単に済ませる事が多かったです。

 

*調理器具、食器、調味料など既にアパートメントに用意されているので簡単な調理なら不自由しません。

f:id:yugetokemuri:20200130221920j:plain

 

 

 

マートへ買い出しに行くと乳製品のラインナップが豊富でチーズ・バター・ヨーグルトの棚をずっと眺めていた気がします。。

 

乳製品王国と名高いフランス。滞在中に是非試したい!

とりあえず、迷いに迷って唯一知っていたコレ!エシレバター^^

日本円で500円位。安さにビックリ。。日本で買うと確か2000円台です。

そのまま食べても美味しくて、料理にも躊躇無くたっぷり使いました。

 

f:id:yugetokemuri:20200130224826j:plain

 

 

生ハムもマートで買ったお手頃なものですが十分美味しかった。

ビーリーフも大容量のパックで売っているのでお野菜不足に重宝。

 

当初食器洗剤が見当たらなくて、神経質にラップを敷いた皿。なんだか生活感が滲み出ててます。

f:id:yugetokemuri:20200130225237j:plain

 

 

こうしてアパートメントでちょっぴり自炊生活をしていると

便利なホテル滞在では味わえない、生活感のようなものが出てきて

それがまた楽しく思えてきたり。

 

暮らしを感じながら寝泊りして、その土地の雰囲気を味わう

私にとってこれこそが旅の醍醐味!

 

 

f:id:yugetokemuri:20200130230716j:plain

 


路地裏のこれといって何も無い場所も、石畳とふるくて重厚な建物の効果で

初心者のわたしには新鮮で堪らない風景。

パリはもう何回目かしらぁ、なんて

平常心で眺められる”プロ”にいつかなってみたいものです。

 

 

f:id:yugetokemuri:20200130231229j:plain

 

 

 

 

 

そんな、今回の滞在中

近所散策中に見つけた近所のチャイナ料理屋。

 

 

トップ・・・ネム・・  見たところお客さんも地元民ばかりです。

f:id:yugetokemuri:20200130231941j:plain

 

 

アジアンな味が少々恋しく感じてきた折、試しに入ったら大当たり。

海外、それもパリの中華。正直そんなに期待せずに(失礼!)いたのですが

どのお惣菜もピカイチに美味。

明るいベトナム系の奥様とご主人の2人で切り盛りしてる繁盛店でした。

 

f:id:yugetokemuri:20200130232103j:plain

 

おや?君は・・・?

 

f:id:yugetokemuri:20200130232249j:plain

そう。僕はパリ柴。

 

↑くんすかしながら可愛い柴犬が近寄ってきました。

奥の席でテーブルを囲んでいたパリっ子のお連れ様。

 

日本人だと気づくと、柴犬繋がりで大層歓迎して頂き、

わたしは片言で、めるしー^^めるしー言いながら店を後にしました。

 

 

 

そんなある日のTOP NEM 大好きなパクチーに上機嫌。

f:id:yugetokemuri:20200130233038j:plain

 

 また、とある日のTOP NEM 揚げ物も美味しい。チリチャーハンも辛うまい!

f:id:yugetokemuri:20200130233115j:plain

 

 

 

パリで出会った中華はほっこりと心に染みわたる、思い出の味となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019 冬のパリ ‐展示会編‐

2019年1月18日

 

フランス・パリで開催される MAISON&OBJET PARIS 

インテリア・デザイン関連の大規模な展示会です。

f:id:yugetokemuri:20200123235022j:plain

そもそも旅の最大の目的は

①フランス パリ MAISON&OBJET PARIS

②イタリア ミラノ HOMI MILANO

③ドイツ フランクフルト Ambiente

以上、3つの展示会を巡る事でした。 

 

ヨーロッパの展示会、わくわくします。

どんな素敵なものたちに出会えるのでしょうか。

 

RER B線にてパリ中心部から電車で30分ほど、

 パリ・ノール・ヴィルパント見本市会場にて開催されます。

 

チケットはWEBで日本にて事前購入。

5day'sチケットで1人50€でした。

 

入口でチケットチェックと荷物検査を受け会場に入ります。

f:id:yugetokemuri:20200124000603j:plainマップを見ながらお目当てのジャンルに絞って気になったブースをとことん見ていきます。

f:id:yugetokemuri:20200124001006j:plain

カラフルでかわいいインテリア雑貨たち

f:id:yugetokemuri:20200124001127j:plain

ディスプレーも素敵です。

f:id:yugetokemuri:20200124001211j:plain

f:id:yugetokemuri:20200124001323j:plain

 

広い会場内にはフードコートやカフェも。

f:id:yugetokemuri:20200124004746j:plain


ホットドック&チップスで腹ごしらえ。

f:id:yugetokemuri:20200124001639j:plain

f:id:yugetokemuri:20200124001812j:plain

歩き疲れたらこんな小休憩場所も

f:id:yugetokemuri:20200124001957j:plain

1日では周りきれない規模です。

 

数日間通いながら、、パリの展示会で出会ったのが現在取り扱っている

デンマークのKOUSTRUP&Co,の図鑑アート柄のインテリア雑貨たち。

完全に一目惚れ。いまでも絶賛想い中。

 

途中、雪の降る極寒日もありましたが

素敵なもの達で溢れかえった会場は、子供の頃おもちゃ屋さんで

わくわくした気持ちを彷彿とさせる、おとなのワンダーランドでした。

 

日本なんでもあるよねって気持ちが吹き飛んで良い刺激となりました。

 

まだまだ世界には素敵なものが隠れてる!!

 

 

冬のヨーロッパ旅、何着る?編

 

2019年1月中旬から、1か月かけて

パリ→イタリア→ドイツ、と周った訳ですが、

一番悩んだ服問題。

寒さに対応しつつ、動きやすく、且つカジュアルすぎず(しかし移動はリュックスタイル)

出来る限り着まわせて、無駄なく出来る限りスマートに、で、あ~、靴はどうするよ??#$&$’#%&’。。。

旅行期間も長めな為、なかなか悩みました。

 

f:id:yugetokemuri:20200120122541j:plain

ここで、旅を終えての服装に関する振り返りをまとめてみました。

 

*この旅で一番寒かった国と防寒ポイント

雪国出身で、"振り切れた寒さ”への耐性はあるのですが、

ヨーロッパの冬本番の寒さレベルが調べてもピンとせず。

 

実際行ってみての感想として寒さダントツ1位は1月中旬のパリでございました。

東京の底冷え感に似た、芯から冷えるタイプの寒さ。

特に石畳の道が多いのもあり、足元からじわじわ冷えます。

そこで活躍したのがレッグウォーマー

コーデの邪魔にならないレベルの黒の薄モコタイプです。

スカートの時も

120デニール裏起毛タイツ+レッグウォーマーなら余裕でした。

 

そして以外と重要な耳。

露出してる顔面が基本寒いので防寒出来る耳を守るだけで体感温度が違ってきます。

風がピューピュー吹いてもこれでへーきです。

韓国でなんと300円くらい。ビックリプチプラ

f:id:yugetokemuri:20200120110142j:plain

 

マフラーや手袋も、外移動が多い方は必須です。

f:id:yugetokemuri:20200120110208j:plain

 

そして最終兵器、ホッカイロ。

ただ、無駄な荷物にならない様バランス見ながら持っていきましょう。

背中肩甲骨の中心に貼れば効率よく温まります。

これを使うタイミングは

①今日は特に寒い、そして外にいる時間が長そうだ。な日

②なんだか、軽く風邪ひきそうな予感のとき。寝るときに貼ります。

 

*靴はこの2足で1か月コーデに対応

①ガシガシ歩けるスノーシュー

②普段もフォーマルもイケるエナメルレースアップシューズ

どちらも雨降ってもどうにか耐えてくれる素材・コーデ問題もクリアし

結果無駄の無い良い組み合わせでした◎

 

 ①スノーシューズ(ellesse)

スッキリとしたシルエット・トゥの形が他のスノーシューズよりスリムな点が好みです。

 黒を購入。

f:id:yugetokemuri:20200120110941j:plain

[エレッセ] ウィンターブーツ VCU500W レディース
 

 

②エナメルレースアップシューズ

*5㎝程の太ヒールで歩きやすく、エナメルできちんと感。Finの靴は履きやすい!

f:id:yugetokemuri:20200120110232j:plain

今期なら↓のタイプが近いでしょうか。

https://zozo.jp/shop/fin/goods/38734350/?did=65407779

 

*持って行って良かった服(日常服/フォーマルな場面で)

普段の街巡り向きの動きやすい服と、

展示会や、レストランなど少々きちんとした装いをしたい場面、

この2点を重視してチョイスしました。

そして、今回は洗濯しながら1か月間着まわしていくので

荷物がかさばる&乾きにくい厚手ニット類は控えました。

 *毎日ヒートテックを仕込んでいたので乗り切れました。

<トップス>

①Vネックの黒プルオーバー

②ネイビーのプルオーバー

③グレーのボトルネックプルオーバー

④ハイネックの黒薄手ニット 

<ボトムス>

④濃紺の細ストレートデニム

⑤裏起毛のホワイトスキニー/色違いでグレー

⑥グレージュカラーのボックススカート

 

<ワンピース>

⑥黒のミドル丈ワンピース

⑦紺のミドル丈ハイネックワンピース

 

<アウター>

⑧黒ダウンジャケット

デサント水沢ダウン 2016/アンカー  やはり防寒力が高い!

 

以上のアイテムを、③+⑥だったり、①+⑤だったり、

場面と気温で組み合わせて1か月過ごしました。

 

 

*バッグは?

 移動時はキャリーケース・中型バックパック・貴重品用のオシャレ無視型機能性重視ミニショルダーといった出で立ちですが、

街巡りなどの外出時は下記の2点のミニバッグを。

中身は、ミニ財布/パスポート/スマホ/リップとパウダーくらいです。

そしてダウンジャケットの内ポケットにティッシュと除菌ウエットシートを装備(wifiと予備充電は同行者)

 

①シルバーのスクエアミニバッグ

*口が2で出し入れしやすい。

f:id:yugetokemuri:20200120114330j:plain

 

②カラーファーポシェット

*派手めカラーですが大体ダウン着て全身黒になりがちなのでアクセントに。

f:id:yugetokemuri:20200120114450j:plain

 

③番外編 / ダウンの内ポケットにエコバックを仕込んでおくと

買い物の時に便利です♪

 

 

 

 <おわりに>

観光地で見かける中国人団体観光客の

赤マフや赤ダウン率の圧倒的高さ。

どうやら1月下旬~2月あたまが、春節

縁起の良い赤を正月に身に着ける風習だったようです。

当初、赤マフラー持ってこうとしてたんですが、

そうしたらきっと団体に紛れてツアー同行できそうな勢いでした。

 

旅行服のチョイスって奥深いですが

快適な素材・気分があがるデザイン・洗濯し易さ・コーデの組みやすさ、

このあたりを重視すると大体持っていくべき服が割り出されます。

これからも工夫しながら気づいた事を書いていこうとおもいます~

 

以上、振り返り編でした。

 

 

2019 冬のパリ ‐初日編‐

2019年1月17日

泥のように爆睡し、8時に起床。

 

空がまだ朝焼けの様な色…

f:id:yugetokemuri:20200117213709j:plain

 

 

朝ごはんに豆乳とぎっしり系のチョコケーキを食し、

この豆乳、美味

f:id:yugetokemuri:20200117214025j:plain

 

 

今日は滞在するパリ8区のアパートメントへ向かいます。

 

シャルルドゴール空港ターミナル3の駅から

RER B線(高速郊外鉄道)に乗り約50分

Port-Royal駅にて下車です。

駅から徒歩10分程。

平坦な道なのでそこまで苦労せずアパートに到着しましたが・・・

 

お部屋は 階段で6階!!

この日から、外出時は絶対忘れ物が無いよう気を付け。。

f:id:yugetokemuri:20200117211527j:plain

 

今回、ほとんどAirbnbで宿泊します。

 

おそらく、昔使用人の住込み部屋だったのをリノベーションした

かなりコンパクトなお部屋。

 

f:id:yugetokemuri:20200117213203j:plain

 

窓からの眺望

 

f:id:yugetokemuri:20200117213443j:plain

 

 荷ほどきもほどほどに、

腹が減りましたので、外出!

 

ひとまず、オペラ座界隈へ。

-ーーーーーーーーーーー--

 

パリでのマトモな一食目がベトナム・フォーとなりました。

やはり歴史背景的に、本場の如く美味です。

f:id:yugetokemuri:20200117215922j:plain

 別盛のフレッシュな香草類、レア肉とスープの具合全てがおいしい10€ほど。

 

      :

 

 

 お腹が満たされ、散策開始です。

 

まずは、オペラ座

f:id:yugetokemuri:20200117221936j:plain

 

 ルーブル美術館の内部は後日行くので外観だけ流し、、

f:id:yugetokemuri:20200117222739j:plain

f:id:yugetokemuri:20200117222803j:plain

 

パリと言う場所は、どこを切り取っても絵になりますな

f:id:yugetokemuri:20200117223219j:plain

 

日が暮れてきて、、

f:id:yugetokemuri:20200117223621j:plain

 

これが、あのエッフェル塔

f:id:yugetokemuri:20200117223823j:plain

 

夕暮れ時の風景を堪能しました

f:id:yugetokemuri:20200117224858j:plain

 

 

空と繋がりそびえ立つ、オベリスク

 

f:id:yugetokemuri:20200117225005j:plain

この凱旋門の写真、加工無しなんですが、ほんとこの空の色・・!

嘘みたいな青っぷりです。そしてなかなかの交通量。

パリ版・帰宅ラッシュでしょうか。

 

 

 

エッフェル塔のライティング、月とのコラボです

f:id:yugetokemuri:20200117225714j:plain

 

 

 

 

 

 

寒さの中歩き回ったので

もうレストラン探す気力も失せて、帰り道キッシュやスープを買って

部屋ごはん。

f:id:yugetokemuri:20200117230137j:plain

 

 

 

明日は展示会!

良い商品に巡り会えますように。。。

 

 

2019 冬のパリ・イタリア・ドイツ ‐出発編‐

*1年前の記事ですが今さらアップしてみようと思います。

 

2019年1月16日~約1か月間かけて

フランス → イタリア → ドイツ と巡ってきました。

 

今まで気軽なアジア旅をちまちま愉しんでいた身としては

未開拓の地へのわくわくと、不安が入り交じりながらの荷作りを経て

 

f:id:yugetokemuri:20200117005706j:plain

優雅な旅ではない為、失くしてもダメージが無いワンコインウォッチ。

*のちに、ドイツにて本当に紛失。。

 

成田 0:30の飛行機で出発です。

エミレーツで、ドバイでのトランジットを経て

パリのシャルルドゴールへ向かいます。

 

この日の便は空席が目立つ位、空いていました。

 

----ーーーーーーーーー

成田から約11時間。ドバイに到着。

トランジットの時間が中途半端だったので

周辺観光はせず空港内で過ごしました。

 

ドバイ、噂通り物価が高!

某メジャーなフランスミネラルウォーター500mlが1000円以上で、

見間違えたかと2度見するほど。

現地パッケージの水は自販機で100円もしないでありましたが

いかんせん、現地通貨のディラハムのみの仕様。。

給水機で水汲んでる人が多い訳だ。

 

カフェでコーヒーと軽食を取り、

免税店を見ながら時間を潰し

14時台のエミレーツでパリへ出発です。

f:id:yugetokemuri:20200117010456j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

17日の20時ころ

やっとパリ シャルルドゴールに着きました!

 

にしても、寒い。

空港を出た瞬間からブワッと寒い。

うっすら小雨も降ってきてブルブルです。

 

本日の最後のタスクである

パリミュージアムパスを駅の発券機で購入し、

*翌朝、発券機に長蛇の列が出来ていたので、先の購入が◎

 付近のマートで適当な食べ物を調達。

 

この時間から更に移動するのはきつかろうと、

空港付近のホテルを予約していました。

結果大正解。早よ、横になりたい、、

www.google.com


 

 

ホテルの内装はポップで可愛い雰囲気。

f:id:yugetokemuri:20200117010720j:plain

 

お部屋も綺麗で十分快適でした。

窓からはシャルルドゴール空港が臨めるほどの近さ。

 

f:id:yugetokemuri:20200117010745j:plain

 

 明日のエネルギーを養うべく、

リュックに仕込んだ1泊セットを駆使し、

煩わしいスーツケース開封の儀は翌日に。

 

おやすみなさい。。。

 

 

 

初夏の上高地へ。

私katsuoの故郷は長野県なのですが上高地に行ったことがありませんでした。

上高地の観光ポスターを見かける度に、清流の有り得ないほどの美しい色は本当なのだろうか。。。

と半信半疑でしたが、今回訪れて納得しました。

これはもう神の領域。

上高地ならぬ神高地なのでした。

 

f:id:yugetokemuri:20190529131910j:plain

 

 

 

2019年5月下旬。

この日はとても良い天気で数日前から夏のような暑さ。

安曇野方面から上高地へ向いました。

 

穂高山麓線沿い。美術館やカフェレストランが点在し、今の季節は新緑が綺麗で

ドライブにおすすめのエリアです。

f:id:yugetokemuri:20190529132705j:plain安曇野山麓線から走ること約1時間と少し。

上高地入りするには自家用車の乗り入れは「さわんどバスターミナル」までになります。

ここに辿り着くまでに道幅が大変狭いトンネルが数か所とくねくね道があり少々ヒヤヒヤしながら到着しました。

*「さわんどバスターミナル」と直結しているのは第三駐車場です。

この場所よりもっと手前に駐車場が2か所ほどあり、おじさんが呼び込みしてあたかもそこに駐車しなければいけない風ですが、さわんどバスターミナルと直結している第三駐車場がおすすめです。(空いている平日は特に。)駐車代は1日定額/600円でした。

上高地へ向かうバスの始発ですし、さわんどバスターミナル内のトイレや待合場所も綺麗で快適でした。

 バスは往復割引運賃で私達は3名だったので合計6150円也。

1時間に3本運行しています。

f:id:yugetokemuri:20190529135052j:plain

f:id:yugetokemuri:20190529135114j:plain

 

さぁ、ここからバスに揺られて約30分。

途中から清流も見え始めました。

f:id:yugetokemuri:20190530191135j:plain

美しい。。。

f:id:yugetokemuri:20190530191149j:plain

既に絶景!こちらは大正池を通過した辺りの景色です。

バスに乗車の際は進行方向左側の席からこの様な景色が望めます。

 

 

そして 上高地バスターミナルに到着。

今回は河童橋~明神池のコースを堪能する予定です。

時計を見ると12時半。

バスターミナルすぐ傍のこちらでお昼を頂いてから歩くことにしました。

www.google.com

 出入り口のデッキからの景色も綺麗でした。

 

f:id:yugetokemuri:20190530192538j:plain

 

ここから河童橋までは徒歩5分ほど。

素晴らしく美しい川が出迎えてくれます。

 

f:id:yugetokemuri:20190530192841j:plain

 透明感が凄いです。深い部分はエメラルドグリーン・アクアマリンの様な宝石色。

 

 河童橋からの眺めも絶景です。壮大!

f:id:yugetokemuri:20190530194214j:plain

 

ここから1時間とちょっとのハイキングで明神池を目指します。

川の左側を歩くコースにしました。

 

f:id:yugetokemuri:20190530194746j:plain

 

道すがら山の住人に遭遇。

 

f:id:yugetokemuri:20190530194937j:plain

 

人慣れしているのか、悠々と近くを通り過ぎていきました。

 

f:id:yugetokemuri:20190530195439j:plain

偉大な樹木。根本は1本そこから太い幹が枝分かれしています。

f:id:yugetokemuri:20190530195658j:plain

日々の運動不足が祟り、途中休憩を挟みつつ歩み、、、、

 

やっとこさ着きました。

こちら明神池の手前にある穂高神社奥宮です。

f:id:yugetokemuri:20190530195948j:plain

立派な鳥居をくぐり、、

f:id:yugetokemuri:20190530200026j:plain

しんと静かな空気が流れています。

安曇野市穂高にある穂高神社本宮は馴染みがありましたが奥宮が上高地にあるとは

知りませんでした。

 

神社の奥にある明神池に行くには1人300円を納めて入場します。

明神池には2か所池があり、こちらが1つ目の一之池。

f:id:yugetokemuri:20190530220758j:plain

木々に囲まれ神秘的な水面。

 

続いてこちらが二之池。

f:id:yugetokemuri:20190530220841j:plain

まるで日本庭園のような?姿ですがこれも自然が作った芸術

f:id:yugetokemuri:20190530221107j:plain

不思議な場所でした。

 

 奥宮に戻る際にこんなものが。

一之池にあった船に取り付ける船首像でしょうか。カラフルで可愛い。

f:id:yugetokemuri:20190530221830j:plain

1時間ほどゆっくりとして、そろそろ帰りましょう。

 

 

帰路は行きとは逆のコースを。

f:id:yugetokemuri:20190530222551j:plain

f:id:yugetokemuri:20190530224002j:plain



行とは違った景色を眺めながら歩きます。

 

可愛らしい野草.。

f:id:yugetokemuri:20190530224040j:plain

 

ふと現れた神秘的な景色。

f:id:yugetokemuri:20190530224126j:plain

 

日が落ちてきて、人気も疎らに。。

前後誰も居ない山道は3人とは言え少し心細い気持ちに。

 

自然育ちの私でさえ、たまにこんな大自然に飲み込まれてみると

山も自然も雄大すぎて、、ちょっと異世界のような不思議な感覚に迷い込んだ気分になりました。

 

大きくて静かで、、そこにじっとある存在に敬意を払いつつ歩みを進めました。

 

 

 

 

50分ほど歩き、河童橋に戻りました。

最後の〆にこちらのソフトクリームを食べたのですが

なんと美味しいこと!

濃厚でクリーミー、疲れた体に染み渡ります。。。

www.google.com

 

上高地バスターミナルからの最終バスは17時5分ですのでご注意を。

*2019年5月現在。

 

美しい景色を満喫しつつ、ウォーキングで体力を使い果たした私達。

帰りの運転も頑張ってくれた父に感謝です。

 

 

初、上高地は大変良い体験になりました。

自然はすごい。

この一言に尽きます。

 

そして無償で恵を与えてくれる大自然はなんて偉大なんだろう。

私はエコロジストでもなんでもないけれど、

ちいさな事からでも自然を慈しみ、感謝を表現していきたいと

改めて心に刻んだのでした。

小学生の作文みたいですがこんなに心から思ったのは初めてです。

 

自然に生かされていることをつい忘れがちな私にとって学びの多い1日でした。